40歳になった私の決意

40歳になった私の決意

本日40歳と1日。自分の中でもやもやと考え、時には分からなくなり、時には思いついてでも行動にできず消え、ずっと頭の隅にへばりついている「私これから何がしたいんだろう?」という疑問が、40歳というレベルアップを経てなぜかぼんやりと見えてきた今日。忘れないうちに、公言すれば現実になるを実行すべく、ここに正直に書き留めていきたいと思う。

 

 

スポンサーリンク

自分析

実はこのブログをなかなか更新できないでいた。ブログ倦怠期?書きたい事がない?2007年にオーストラリアに移住し2015年の年の瀬に日本へ戻りもうすぐ3年。オーストラリア在住中は朝起きたらまずPCを開くのが日課で、ネットショップを運営していた事もあり、ブログも頻繁に更新していた私。日本に戻ってからブログを書くことが苦痛になり始め、ここ最近はPCを開く事すら出来なくなっていました。

生活環境、仕事形態すべてが大きく変化した事もありますが、自分の「これからの方向性」が定まらずにいた事がなによりの原因だと思う。最近ふと、日本ではどうしてこんなにブログを書く余裕がなくなったのだろうと真剣に分析してみた。

一、仕事にほとんどの体力と気力を奪われている

オーストラリアでの仕事は10時~17時(残業なし)週休2日(希望の固定日)、給料は日本円で30万程もらっていた為、経済と時間共に余裕があった。そこからくる精神的な安定とプライベートの充実は今思えばハンパない。

一、これからやりたい事、方向性の迷子

20代はとにかく好奇心の塊で、外にばかり目を向けていた。とにかく海外移住、永住権の取得を目的としていた(真剣にではなくあくまでもゆるい目標)30代はその目標叶い、移住。オーストラリアと日本の間で自分に何ができるか、したいかを考えて行動していた葛藤の30代前半。すべては自分の決断なので悔いはないけれど、30代半ばをすぎて日本帰国を決意してからブレブレのマインド。

 

人生の転換期

人生の転換期は誰にでもある。私は日本に帰ってきた時、「私の人生の章があるとするなら今が変わり時なのだろうな」とすごく感じた。そしてここからきっと今までとは全く違う方向に行くのだろうなと。

しかし、燃え尽き症候群とはこういう事を言うのだろうか。燃え尽きる程何かをした記憶はないけれど、なにかぽっか~んと穴が空いたようで、何もやる気が起きない気力のなさ。自分で自分がどうしたいのかわからず、でも居心地の悪さと充実感のない毎日には苛立つ。「ならとにかく動けよ」と思うけれどなんせ気力が出ない。

忙しく生活の為にお金を稼ぐ日々。時間に追われ、ストレス満載の日本の労働環境(すべてではないが、少なくとも私がいる環境は)の中で、自分は本当は何がしたいのだろうと模索する。

日本のどこに住みたいんだろう?と思い、行ってみたい場所を転々として仕事をしていく。住んでみたかった場所に住むのだから少しは気分があがるだろうと思いきや、それなりに楽しいけれど、結局頭の中で考える事はやっぱり「私は一体何がしたいんだ??」。場所を変えればいいという訳ではない。どこに行くかじゃない、何をするかだ。

何かを始めたい。でも気力がない。やる気も出ない。でも今の現状を変えたい。そんな事ばかりが頭の中でグルグルグルグル。

 

見せかけのリア充

赤裸々に暴露すると、11年以上連れ添ったパートナーと別れ日本に帰国した。女の脂がのった時期も終わりに近づいた30代後半のまさかの離別。強がりを言うなら自分から別れた。けれど決断するまで2年はかかった。パートナーは最良の人だったと今も一緒にいる時も思っていた。今でも頻繁にLINEをする。

なんとも贅沢な環境にいたのに人はそれが普通の日常になると見えなくなるのだと今になって思う。私というバカ者は、平和すぎる毎日に飽きを感じてしまった。そして35歳あたりからの年齢的な焦り。彼は子供が欲しくなかったのだ。

そんな彼と別れてもすぐ新しい人と出会って子供を作れる保証なんでどこにもないのに、焦りとは怖いもので、彼との別れを選んでしまった。とはいうものの、自分の決断を後悔はしていない。と言いたい所だけど実は少し後悔している・・・

もう別れたもんはしゃーないからと強がって前を向く。けれどやはりすぐには出会いもなく、不倫はしてもきちんとした彼は見つからず、今に至る。プライベートで旅行や遊びにいっても、信頼し心開けるパートナーがいない寂しさは埋まる事がなく、20代の頃は一人旅を好んだのに、今となっては一人旅が寂しく感じる事が増えた。

旅行、外に出るのが好きな私は休みの度にどこかに出かける。傍から見ればこれが【リア充】と言うのかもしれない。しかし旅行や外に出かけた=充実ではない。旅に出たって楽しくなきゃ意味がない。プライベートは充実しているように思えるが、内心はそうではないと最近思う。もちろん旅に出れば未知の地に行く楽しさや感動はある、けれどどこか物足りなさを感じるのはなぜだろう。

 

40歳のゆるい決断

「は~レベル4か。」12時をまわった直後友人からのおめでとう電話を切った後の独り言。どうでもいいが、近頃独り言が増えた・・・。ドラクエのレベルアップ音が頭の中で流れる。レベル4じゃ低すぎっ!レベル40だろ。と自分でツッコむ虚しさよ。

ぼんやり物思いにふけりながら、「このままじゃいか-ん!もう40だ!このまま何もしないで、仕事の愚痴を言いながら時間を浪費したくない。だって死ぬのはすぐだよ」と内面の声が遠くで聞こえる。

私の口癖は「死ぬのはすぐだよ」だった。だってもう40、いつの間にか40。時間が過ぎるのは本当に早い。死ぬ間際に「えーーーもう死ぬの!?はやっ!」と思うだろう。その時、未練を感じたくはない。

そして小さい時からずっと漠然と思っている、「自由になりたい」思考。

私は自由だ。けれどこの自由は例えるなら見えない程大きな檻の中の自由。

日本は居るだけでお金がかかる。住民税。国民の義務が生まれた瞬間発生するのだ。政府の税金の使い方を見ると払う事に憤りしか感じないが、腹を立てる事はエネルギー浪費ハンパないので、とりあえず選挙は必ず行くと決めている。

お金、場所、仕事、行動、すべての自由が私が生きる上での目標。そして何より楽しく!(再確認)

 

じゃ、何をしようか・・・

ー、英語のブログを始める。ひっそり

英語力の低下を感じているのと、仕事で外国人と触れ合う事が多く、たくさんの質問をされる。日本の文化を理解してくれる外国人は多いが、もっと細かいところを日本人としてもっと伝えたいと前から思っていた。実はもう1年以上も前にサーバー契約も、ドメインも取得済みなのに、肝心のサイトを作り始めていない・・・40になったんだから!!いい加減はじめろ私。

そしてここから何か広がりを作りたい。

ー、筋トレ、肉体改造

体形の変化が著しい(泣)出会いを求める前に、自分磨きをしないと。仕事で動きまわっても痩せない。ウォーキングしても、ジムに行っても痩せない。でも好きな酒はやめられない。この際パーソナルトレーナーにしっかりとした筋肉のつけ方を教えてもらわないとこのたるみきった体と心は引き締まらない。とりあえず自宅トレーニングアプリを始めた。近くでパーソナルトレーナーを探す。

ー、投資、貯金

お金がないと自由な選択ができない。老後の不安や心配というストレスを軽減する為にも、投資はもっと勉強したい。今投資信託をしているが、もっと増やそう。そして自分への投資も忘れない。

ー、事業を始める

ずっと思い描いているビジョンがある。従業員が皆横並びで上下関係のない会社。効率を高めて、労働時間を極力減らし、子供がいるママも無理なく仕事ができ、プライベートの時間を充実させられる労働時間と収入。そしてやりたくない事はしたくないから、その人が(自分が)好きで楽しく仕事ができる環境、生活の為にお金を稼ぐのではなく、好きな事をしてラッキーにもお金がもらえる的な。そんな会社をいつか作りたいなと、まだ理想に近いけれど、まずは一人で始めよう。

 

こうして文字にすると今まで「私何がしたいんだ!!」と思っていた割にスラスラとやりたい事がでてくるものだ。もっと早くしておけばよかったwww

臨機応変に、変化に柔軟なのは私の取柄なので、決意、決心なんでその時々で変わるものという柔やわなスタンスでいきたい。そういうのを決意なんて言わないかっ(汗)身の丈のにあったキャパで取敢えず、まずは半歩でもいいから前に進もうと思う。しかししっかり足は地につけて。

 

ここまでアラフォー女の大きな独り言をご清聴ありがとうございました。今後もちょいちょい実行に移した事をアップしていこうと思います。興味のある方はやさしく見守っていてくださいw