外国人カフェシェフ直伝!絶品サンドイッチをつくる法則とバターの代用にヘルシーなパンの食べ方

外国人カフェシェフ直伝!絶品サンドイッチをつくる法則とバターの代用にヘルシーなパンの食べ方

パン食人口が増えている今、できるだけヘルシーに食べたいと思う女性も多いはず。実はご飯、和食大好物な私が海外に数年住んでもパン食に馴染めず、特にサンドイッチに飽き飽きしていた時、知り合いのシェフが教えてくれた絶品サンドイッチを作るコツ!それでサンドイッチがすごくおいしくなったのです。たかがサンドイッチされどサンドイッチ。ちょっとした法則でこんなにもうまくなるものかと驚いたその法則をお教えします。

sandwich-498379_640

スポンサーリンク

バターなしでトーストを美味しく食べるヘルシーレシピ!

冒頭でも書いたように私はご飯愛食家である。かと言ってパンが嫌いではありませんが、ご飯とパンどちらか選らべと言われたら迷う事なくご飯に走る。外国はパンが主食というわけではありませんが、朝食のトースト、昼食にはサンドイッチなど確かにパンを食べる事が多い。正直パンはベーカリーで買うので自宅で作る人など少なく、いちいち洗って炊くご飯と違いとても手軽で時短でなにより簡単に食べる事ができる。その為私もなんだかんだいいつつパンを食する事が多かったのです。

トーストにバターはつきもの。と思われがちですが、できればバターはあまり摂りたくない。そんな女性は少なくないと思いますし私がそうでした。なによりそこまでパン好きじゃない私はバターを塗っただけのトーストは飽きて毎日食べれない!けれどこれならヘルシーでおいしくパンが食べれる、そして人が集まる時、ちょっとしたアパタイザー、フィンガーフードにとよく作っていたレシピを少しご紹介します。

 アボカドトースト

しっかり熟れて食べごろのアボカドを見分けるのは少々難しいですが、スプーンやバターナイフなどで簡単につぶして伸ばせる程食べごろなアボカドをトーストに塗ってお好みでお塩少々とブラックペッパーを。サンドイッチをつくる時のバター替わりとしてもGoodです。アボカドあれば毎日食べたい!アボカド好きさんにはおススメです。

 アレンジ

 バルサミコ酢を少し垂らしてもおいしいです。パーティーなどちょっとゴージャスにしたい時は2等分に切ったプチトマトにバルサミコ酢とオリーブオイルを混ぜたものをトッピングすると食べごたえもあり、でもヘルシー!

 

 Bruschetta(ブルスケッタ)

本来はターキッシュブレッドやバケットなどを使うみたいですが、カリッとやいたトーストでもおいしいです。たっぷりトマトとオリーブオイルが生で摂れるので美容にとってもいい!

作りかたは簡単!

【材料】トマト、スイートバジル、エキストラバージンオリーブオイル

すべて材料を好みの大きさに切って混ぜるだけ!オリーブオイル多めが美味しいです。私はこれだけでシンプルに食べるのですが、お好みで塩コショウで味をつけてもOKです。

 アレンジ

臭いを気にしなくていい時は生のにんにくみじん切りをちょっといれたり、ブラックオリーブのみじん切りやアンチョビを入れてもおいしいですよ!これらを入れると塩気があるので塩はいらなくなりますね。

 

 [adsense]

 ディップをつける

野菜やクラッカーなどのお共といえばディップですが、トーストにつけてももちろんおいしい!たくさんレシピやアレンジがありますので、お好みで。ここでは個人的におススメなひよこ豆を使ったホメスと、バジルを使ったディップをご紹介します。

 ブレンダ-で1発!簡単レシピ

【ホメスHummus】フムス?ホメス?日本語の発音が少々難しいです^^;

  • ひよこ豆の水煮缶(または茹でたひよこ豆)ー400g
  • エキストラバージンオリーブオイルー大2&仕上げに少々
  • 練りごま(白)ー1/4カップ
  • レモン汁ー1/4カップ
  • にんにくー1/2片
  • 塩ー少々
  • 水(お好みの固さに調節してください)

これらをブレンダーで1発!分量はそれぞれお好みで。ブレンダーで滑らかになったディップに最後オリーブオイルをさらにかけてできあがり。生のにんにくの香りが少々きついので(苦笑)無理な方はにんにく抜きでどうぞ~。でも生にんにくを使うのでおいしい&ヘルシーです。レシピはお好みの味で分量調節してください。

 

【フレッシュバジルとカシューナッツのディップ】

  • カシューナッツ
  • キャノーラオイル(お好みでどうぞ)
  • スイートバジル
  • パルメザンチーズ
  • 酢ー少々
  • 塩ー少々

分量は計った事ないです(すみません)上から分量が多い順です。カシューナッツもバジルもわしづかみでどしゃっと。(笑)それをブレンダ-で混ぜすぎず、カシューナッツが細かくなる程度で触感を残します。オイルは最後に混ぜる程度で。これまたお好みのオイルをお好みの固さになる程。

これはブレンダ-で混ぜすぎないように注意です。にんにくを少し入れるとさらに美味しいです。

 

超適当レシピですが、適当だからこそ素材の味が楽しめ、簡単にちゃちゃっとできてヘルシーなレシピです。ディップは作くっておくと便利です。

 

sandwich-638074_640

カフェシェフ直伝!ちょっとしたコツでサンドイッチをおいしくする法則

シェフとして長い経験を持ち、当時はカフェの厨房で働いていた外国人シェフが家で作る時うまいサンドイッチを作るコツがあると伝授してくれたのです。ほんと簡単なちょっとしたコツ!

 それは重ねる順番

Sand

 中の具の重ねる順番を、野菜と肉を交互に重ねる事。

そしてチーズは肉とカウントするのだそう。

また違う種類の肉(ハム意外にも、サラミ、パストラミ、ローストビーフなど)でバラエティー豊かに。

例)レタス → ハム → トマト → チーズ → レタス → サラミ → 紫玉ねぎスライス → などなど

パンに塗るのはバターでもよいが、おススメはマヨネーズやアボカド。肉にはお好みでブラックペッパー。できるだけよいコールドミート素材とチーズを使う事。(これは日本ではちょっと難しいかな)

材料は違うものを豊富にいれる!

彼が実際作ってくれたサンドイッチの具は

  • チーズ2種類(スイスチーズ、チェダー)
  • コールドミート3種類(スモークハム、サラミ、パストラミ)
  • 野菜5種類(ミックスリーフ、レタス、トマト、紫玉ねぎ、にんじんのスライス)

材料の素材もよく、ふんだんに入っているので確かに絶品でした。きっと今までで食べたサンドイッチの中で一番おいしかった。それはいろいろな調味料の味ではなく、素材のそれぞれ味がそれぞれに引き立っておいしかったのです、正直マヨネーズもいらない、塩こしょうもいらない、シンプルだけどとにかく一気にペロリでした。

パンはホワイトはNG! ホールミールやホールグレインを

白米よりも玄米に栄養が多い事みんなが知っていますよね。パンも同じく、ホワイトブレッドは白米と一緒。できればホールミールやホールグレインがおススメです。

 

まとめ

いい素材を使えばおいしい。それに尽きなくもない(笑)しかし肉と野菜を交互に重ねるだけでいつもより美味しく感じられたように私は思います。マヨネーズたっぷりなサンドイッチが多い日本ですが、シンプルに素材の味だけで絶品のサンドイッチを、ゆっくりまったりな日曜日のランチにでもいかがですか?